頭蓋顎顔面外科

重度の顎顔面外傷や奇形は、機能上の障害だけでなくしばしば心理的な影響も与えます。摂食障害、味覚障害、言語障害などの機能障害だけでなく、社会環境からの阻害を受けることがあります。

頭蓋顎顔面手術は外傷や奇形を、延長、骨接合によって矯正します。延長術は第1次世界大戦後、ロシアのGavril Ilizarovによって始められました。1980年代後半にこの手技は西洋に広まりました。今日

延長術はCMF手術の一部となっています.KLS Martin はこの分野での世界的先駆者です。 私たちはここで CMF手術を行うために必要不可欠である医療機器を提示します。プレート、メッシュ、ネジ、ピン、延長器、電気メス、無影灯、滅菌コンテナーシステムなどです。