骨延長術

1950年代ロシアの外科医Gavril llizarovによって得られた骨延長術は、今日の臨床実践において欠かすことのできない標準的知識となっており、多くの症例において選択されています。数々の革新的、革命的な延長術システムにおいて、KLS Martin は頭蓋顎顔面の手術において世界的な手技の確立に大きく貢献してきました。頭蓋顎顔面分野における問題を解決するために、KLS Martinは特別な延長器の開発を行ってきました。

革新性、柔軟性、課題に対する解決力は日々の臨床での課題に直面することで培われてきました。KLS Martin はCMFの延長術領域における技術の世界的リーダーとして自らを位置付けています。